衣錦尚絅(いきんしょうけい): 四書五経の「中庸」に出てくる言葉の意味について調べてみた

四書五経の「中庸」に出てくる衣錦尚絅(いきんしょうけい)という言葉の意味について調べてみました。

ネットでは

四字熟語辞典オンラインによると

才能や徳を見せ付けないように隠すこと。

四字熟語図書館によると

才能などを表に出さないことのたとえ。奇麗な錦の上に薄い一重ものを着ることから

 

 

岩波文庫の金谷治訳注「大学・中庸」によると

第十九章(240ページ)に載っています。

20170407 (3)

詩曰、衣錦尚絅、惡其文之著也、

故君子之道、闇然而日章、小人之道、的然而日亡、

君子之道、淡而不厭、簡而文、温而理、

知遠之近、知風之自、知微之顕、可与入徳矣

 

読み下し文は、

詩に曰く、錦を衣(き)て絅(けい)を尚(くわ)うと。其の文の著(あら)わるるを惡(にく)むなり。

故に君子の道は、闇然として而も日に章かに、小人の道は、的然として而も日に々亡ぶ。

君子の道は、淡くして而も厭われず、簡にして文あり、温にして理あり。

遠きの近きことを知り、風の自(よ)ることを知り、微の顕なることを知れば、与て徳に入るべし。

とあります。

現代語訳としては、

「詩経」に「錦の衣を着てその上から薄ものをかける」とあるのは、錦のもようがきらびやかに外に出るのをきらったものである。(錦は薄ものをすかしてこそ美しい。)

そこで、君子のふみ行う道は人目をひかないで、それでいて日に日に(その真価が)あらわれてくるものだが、つまらない小人の道ははっきりして人目をひきながら、それでいて日に日に消えうせてしまう。

君子のふみ行う道は、あっさりと淡泊でありながらいつまでも人をひきつけ、簡素でありながら文采(あやかざり)があり、おだやかでありながら条理(すじみち)がたっている。

遠いところのことも近くから起こることをわきまえ、一般の風俗にもその根本の原因があるとわきまえ、微かなことほどかえって明らかになると知って、何事も身近な地味なことから始めれば、進んで徳の世界に入ることができるのだ。

とあります。

この本が発行されたのは1998年。割と現在に近いです。

100年前の人が「衣錦尚絅」という言葉にどんな意味を感じていたのか、もう少し古い別の本でも調べてみました。

簡野道明著 「中庸解義」によると

少し古といっても昭和五年発行の本ですが・・・(手元にあるのは昭和四十一年発行の二十三版)。この本には「衣錦尚絅」という言葉は三十三章(300ページ)に出てきます。

20170407 (2)

 

詩曰衣錦尚絅惡其文之著也。

故君子之道、闇然而日章、小人之道的然而日亡。

君子之道、淡而不厭、簡而文、温而理。

知遠之近知風之自、知微之顕可興入徳矣

 

 

読み下し文は、

詩に曰く、錦を衣(き)て絅(けい)を尚(くわ)うと。其の文の著(あら)わるるを惡(にく)めばなり。

故に君子の道は、闇然たれども而も日に章かに、小人の道は、的然たれども而も日に亡ぶ。

君子の道は、淡なれどおも而も厭われず、簡なれども而も文、温なれども而も理なり。

遠きの近きを知り、風の自(よ)る知り、風の自るを知り、微の顕なるを知らば、興(とも)に徳に入るべし。

とあります。

 

単語の意味としては

「尚」は、加えること。

「絅」は単衣のこと。

「文」は錦の模様のこと。

 

直解としては

子思が曰ふに、詩に曰く、錦の衣(きもの)を着ては、其の上に麻の粗布の打掛を加えへると。

これは錦の衣の文采模様があまりに「ハッキリ」と外に著(あら)はれるのを惡(にく)むからである。

古人の心を用いることの奥ゆかしくして文飾をこととしないことはこの如くである。

それ故に君子の学問の道は例えば絅を加えて衣るが如くに専ら己の為にして人に知られることを求めない。それであるから、表面から見れば、闇然と暗くつつんでいるようであるけれども、例えば錦を衣るが如くに美しい徳が内に充実しているので、自ずから日日に其の章明となるを見る。

小人はこれに反して、専ら務めて人の為にし、ただ人に知られたいことを求める故に、始めは的然と明らかに外に表れるが根底がないので日日に其の箔がはげて消え亡せるようになる。

君子の道は庸徳を行い庸言を謹むので、何等の悦ぶべきもののなく至って淡薄であるが恰も香の物に茶漬けのように其の中に言うに言われぬ味があっていつまでも厭かれない。

簡略で手軽ではあるが却って其の言語も動作も何處となく上品で其の文采の見るべきものがあり、濃厚で「ボンヤリ」としているようであるが而も其の條理井然と正しく乱れないものがある。

而して教化の遠き彼方に見われるものは近き此の方の修身齊家に本づくことを知り、外、流風の傳わるのは、内其の身の修養に由ることを知り、微なるより顕なるはなく、中に誠あれば其の徳が必ず外に形はれることを知ってその獨を慎む者は興に徳に入って、漸く聖人の域にも進むことが出来る。

知遠之近 以下は君子となるの工夫を説いたのである。

とあります。

 

感想、まとめ

いろいろ調べたまとめ。「衣錦尚絅」とは、君子の在り方を説いた言葉。

「君子」とは今で言えば、指導する人、まとめて行く人、リーダー、上に立つ人といったところでしょう。君子には「徳がある」ことが前提。そして徳があってもそれをひけらかさない、見せびらかさない、という態度が大切、というふうに思いました。そういう態度で周りの人々を感化して相手が自分から動いていく・・・。

自分のお店のホームページでは、ことさら利点をアピールしようとしてしまいがち。アピールしたくなる、というのはそもそも徳の積み方が不十分。「伝わっていない!」と焦るのも徳の積み方が不十分なんでしょう。自然に伝わるように態度・行いを改めていこうと思いました。

 

鎌倉散策 鶴岡八幡宮~建長寺~北鎌倉駅

鎌倉観光に行ってきました。

 

20170503 (1)

 

いざ、鶴岡八幡宮へ!

 

20170503 (4)

 

歩いていると、ハトサブレを作っている豊島屋さんの本店の建物が見えてきました。

20170503 (5)

このお店に立ち寄り、買い物をしました。豊島屋さんが別のお店でソフトクリームを売っている、という情報を得たので、行ってみることにしました。

 

豊島屋さんを出て、数メートル歩いたところで、かわいらしい手ぬぐいを売っているお店が目に飛び込んできました。このお店にも立ち寄ることにしました。

20170503 (6)

これもかわいい、あれもいい、とあれこれ目移りしてしまいました。

結局購入したのはこちら。

20170503b (2)

 

手ぬぐい屋さんを出て、ようやくソフトクリーム屋さんに到着しました。

20170503 (7)

 

まださほど歩いてなかったでしが、元気を補給いたしました。

20170503 (8)

 

 

補給を終え、ようやく鶴岡八幡宮へ。

20170503 (9)

そのままお参り・・・と思いきや、今度は牡丹園の看板が目に入り・・・

 

牡丹園を散策することになりました。

20170503 (10)

 

20170503 (11)

 

牡丹は今が見ごろだそうです。

20170503 (12)

 

20170503 (13)

 

20170503 (14)

 

20170503 (15)

 

20170503 (16)

 

20170503 (17)

 

20170503 (18)

新緑がきれいでした。

牡丹園を出て、今度こそ鶴岡八幡宮へ ^^;

 

例のごとく、手水舎をパチリ。

20170503 (19)

 

20170503 (20)

 

手を清める作法は、神社によって異なるんですね。

20170503 (21)

 

参拝客が大勢いました ^^;

20170503 (22)

いろいろ寄り道いたしましたが、無事お参りを済ますことが出来ました。

鶴岡八幡宮のお参りを済ませ、今度は建長寺、北鎌倉駅をめざすことになりました。

 

建長寺に向かう道すがら、「只管打坐」の石碑が目に飛び込んできました。

20170503 (23)

手前の階段に

南無帰依佛
南無帰依法
南無帰依僧

帰依佛無上尊
帰依法離塵尊
帰依僧和合尊

帰依佛竟
帰依法竟
帰依僧竟

第一摂律儀戒
第二摂善法戒
第三摂衆生戒

・・・・

など、いろいろ文字が彫られてありました。この辺りは別の記事で書きたいと思います。

 

建長寺前の「鉢の木」さんでお昼ご飯を食べました。

20170503b (1)

 

とろろそば。おいしかったです。

20170503 (42)

 

建長寺は12年半ぶりくらいです。

20170503 (46)

娘が生まれる2か月前に妻と座禅をしに来たことがあります。座禅をした建物は覚えていますが、それ以外はほとんど記憶に残っていません ^^;

建長寺のボタンもきれいでした。

20170503 (43)

 

20170503 (44)

 

 

おびんずるさま

20170503 (47)

いつものごとく合力をお願いいたしました m(__)m

 

荘厳!

20170503 (48)

20170503 (49)

無事お参りを済まし、境内を散策いたしました。

 

ハイキングコース上にある展望台まで行ってみたいという意見もあり、ハイキングコース方面へ歩いて行きました。

20170503 (50)

20170503 (51)

が、今回はそのつもりで来てないこと、靴その他装備が不十分なこともあり、途中で止めました。引き返して、北鎌倉駅を目指しました。

20170503 (52)

 

妻の万歩計によると1万5千歩ほど、歩いたそうです ^^;

いい感じに疲れました (^_^)

 

春休みの思ひ出

名古屋、京都に行ってきました。

 

日曜の夜に新幹線で名古屋に移動。

20170326 (1)

 

名古屋についてきしめんを食べようと思いました。

が、プラットホームのきしめん屋さんはすでに閉店。

連絡通路にある驛釜きしめんは営業中でしたが、22時過ぎというのに行列・・・

20170326 (2)

諦めて妻の実家に向かいました。

 

横浜は雨がぱらついていましたが、名古屋も雨でした。

20170326 (3)

 

一夜明けて。

新幹線で京都に向かいました。

20170327b (1)

 

京都駅着。

京都にもラーメン街があるんですね。

20170327b (2)

 

京都タワー。

20170327b (3)

 

京都駅から外に出たのは実に23年ぶり!!

当時はこんな建物は無かったと思います。

20170327b (4)

 

バスで下賀茂神社へ。

20170327b (5)

 

20170327b (6)

 

 

 

20170327b (9)

20170327b (10)

 

さすが、京都。手水舎がおしゃれ。

20170327b (8)

 

河合神社。

20170327b (7)

 

20170327b (11)

 

20170327b (12)

 

20170327b (13)

 

20170327b (14)

 

貴布禰神社。

20170327b (15)

 

20170327b (16)

 

任部社(とうべのやしろ)

20170327b (17)

20170327b (18)

 

20170327b (19)

 

美人水。

20170327b (20)

 

キラキラきれい。

20170327b (21)

 

この手水舎も味わい深いですな。

20170327b (22)

 

参道は歩いていて心地よかったです。

2170327 (1)

 

御神木でしょうか。写真を撮らせてもらいました。

2170327 (2)

 

 

20170327b (24)

 

これまた立派な手水舎。

20170327b (23)

 

20170327b (25)

 

一歩、引いて眺めてみると船の上に載っているんですね。

20170327b (26)

 

 

20170327b (27)

 

20170327b (28)

 

20170327b (29)

 

20170327b (30)

 

20170327b (31)

 

20170327b (32)

 

20170327b (33)

 

20170327b (34)

 

20170327b (35)

 

20170327b (36)

 

20170327b (37)

 

2170327 (3)

 

いやー、いい場でした。

 

下鴨神社を出てお茶屋さん探し。

こちらは混んでいて断念。

20170327b (39)

 

お団子だけ買って帰りました。

20170327b (40)

 

別のお店でお茶しました。

名物の矢来餅だそうです。控えめな甘さでおいしかったですね。

20170327b (41)

 

鴨川。

20170327b (42)

 

2170327 (4)

 

お昼ご飯を食べるお店探し中。

20170327b (43)

 

商店街を抜けたところにある司津屋さんというお蕎麦屋さんに入りました。

20170327b (48)

 

メニュー。

20170327b (45)

”しっぽくそば”

”のっぺうどん”

20170327b (44)

”きつね丼”

”衣笠丼”

耳慣れないそば、うどん、丼ものがいっぱいでした。

 

今回いただいたのは”にしんそば”

20170327b (46)

にしんそばははじめて食べましたが、おいしかったです。

そばもおいしかったので、またいつの日か、ざるそば、もりそばを食べに来たいですね。

 

娘はこちら。親子丼?だったかな。

20170327b (47)

 

昼食後は相国寺へ。

20170327b (49)

 

20170327b (50)

 

20170327b (52)

 

20170327b (51)

 

20170327b (53)

 

2170327 (5)

 

手水舎はこんな感じでした。

20170327b (55)

 

20170327b (54)

 

伊藤若冲展を見学いたしました。

20170327b (56)

 

20170327b (57)

 

京都御所。

他の場所は観光客であふれかえっているのに、ここは静かでした。

2170327 (6)

ここの空は皇居や明治神宮の空に似たものを感じました。

有り難や有り難や。

 

 

二条城。

2170327 (8)

数々の装飾にも驚きましたが、建物の中の柱の太さに感動してました。

 

 

20170328 (1)

翌日、のぞみに乗って横浜に戻りました。

 

お土産はこんな感じ。

20170328 (2)

 

”いせわんこ”のかわいさに惹かれて買ってしまいました。

20170328 (4)

 

表面にもいせわんこが・・・

20170328 (3)

こんなかわいいの食べれません(食べたけど・・・)

 

相国寺の美術館で買ったてぬぐい 伊藤若冲筆「龍図」

20170329b (2)

職場に飾りました。

 

下鴨神社、相国寺、京都御所・・・

とても良い場所に連れて行ってもらいました。

感謝 m(__)m

 

適切な場所で、適切な時期に

今朝も菊名駅近くの篠原八幡神社にお参りしてきました。

20170204 (1)

昨日までより30分ほど早く到着しました。

ご近所の方が20人ほど集まってラヂヲ体操をしていました。

いい雰囲気でのラヂヲ体操、元気になりそうですね (^_^)

 

まだお日様は顔を出していません。

20170204 (2)

 

だんだんオレンジ色になってきました。

20170204 (3)

 

20170204 (4)

 

20170204 (5)

 

20170204 (6)

 

20170204 (7)

 

20170204 (8)

やはり日の出はいいですね (^_^)

 

20170204 (9)

寒さに負けずに咲いている、というよりこの時期でないと咲けない。

適切な場所で、適切な時期に咲くのがいいのでしょう (^_^)