膝が痛くて曲がらないときの原因と対処法

今回は、「膝が痛くて曲がらない」ときの原因と対処法についてお話しします。

 

膝が痛くて曲がらない場合、主な原因は

・関節に問題がある
・周りの筋肉に問題がある

の2通りあります。

 

●関節に問題がある場合

軟骨の擦り減りや骨の変形が進み過ぎてしまうと、残念ながら整体では何ともしがたいです。

 

●周りの筋肉に問題がある

立ち仕事、スポーツ、筋トレなどで使い過ぎて硬くなってしまっている場合は、その筋肉をゆるめていけば、曲げたり伸ばしたりが楽になっていきます。

 

太腿の表側の筋肉、裏側の筋肉、お尻の筋肉やふくらはぎの筋肉が硬い人が該当します。

こういったケースは整体でお役立ちできます (^-^)

 

●問題なのは・・・

本当は筋肉に問題があるのに、

「軟骨がすり減っているからですね」とか言われて、軟骨のすり減りや骨の変形のせいにされて、

筋肉の手入れをしないケース。

その場合は、痛みの原因に対処してないので、注射や湿布をしてもなかなかよくなっていきません。

 

膝が痛くて曲がらない、いろいろやっているけどなかなか良くならない・・・

という場合は「筋肉のケアをしてみる」という視点を持っていただければと思います。

膝が痛くて曲がらないときの原因と対処法” に対して1件のコメントがあります。

  1. Mark より:

    Thanks for your blog, nice to read. Do not stop.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。