日記:武田双雲さんの講演会を聴きに行って来ました

今日は妻娘と東京国際フォーラムで行われた武田双雲さんの講演会を聴きに行って来ました。

 

まさに「雲のように自由に生きている!」って感じの方でした (^.^)

「遊」という字を書くパフォーマンスも見せて下さいました。

東京国際フォーラム~皇居サイクリング

 

講演を聞いた後は「相田みつを美術館」を見学してきました。

「相田みつを美術館ミニチュア・アート・コレクション」なるガチャガチャがあり、(^.^)

 

1回300円とちょっと高めでしたが、ガチャガチャしてみました。

「つまづいたっていいじゃないか にんげんだもの みつを」のミニチュア・アートをゲットいたしました (^.^)

 

東京国際フォーラム内食事した後、丸の内、皇居近辺を散策。

丸の内のビル群を見て「横浜のビルとは全然違うね~」と娘と興奮しました^^;

皇居のとこだけ空が広くて解放感があって気持ちがよかったです。

皇居近くでは自転車の無料貸し出しをやっていたので、自転車を借り、皇居周りをサイクリングいたしました。今度は歩いて一周してみたいです。

 

サイクリング後、お茶してから帰ろう、ということになり、

丸の内ビル街にある感じのよさそうなお店に入りました。

店の外からは値段が分からなかったのがちょっと心配でしたが・・・

 

はじめ冷たいお茶とおしぼりが出てきました。

おしぼりが出てくると通常は、手を拭いて、そのあと顔とか首筋とか拭いちゃうんですが、”ここでは顔拭いちゃいけないな ^^;”と感じさせる何かがありました。

で、お品書きに書いてある値段を見てびっくりしたわけですが・・・

和久傳 丸の内 わらび餅 山椒アイス

写真上は「本わらび餅抹茶」、写真下は「山椒アイス」、あと「笹ほたるセット」なるものも頼みましたがこれ写真ありません。

私は「山椒アイス」をいただきましたが、アイスのベタベタ感が無く、さっぱりとしていてよかったです (^.^)

 

初めに出していただいたお茶も

「このお茶なんていうんんですか?」

と、いつもはお茶に興味の無いわたくしが聞いてしまうほど甘くておいしかったです (^.^)

※わたくしが感動したお茶は「桑茶」というそうです。

※家に帰ってからレシートを頼りにお店のことを調べると・・・

紫野 和久傳

京都の有名な料亭が丸の内に開いているお店でしたよ ^^;

ふらりと入ったお店でしたが、とても贅沢な気分を味わえました \(^0^)/

 

武田双雲さんの話も楽しかったし、良い一日でした (^.^)